広告郵便に圧着ハガキが利用される理由とは?広告代わりにもなる?

サイトマップ

小さな郵便ポスト

広告郵便には圧着ハガキが最適です

ハガキ

圧着ハガキとは、表面をニス等で圧着する事でスペースを通常の2、3倍の大きさにしたものです。
公共料金等が届く時は、中身を見るために剥がすのが通常です。このようなものが圧着ハガキです。当然情報量も大きさに合わせて増やす事が出来ます。相手に送る際は折りたたまれているので、情報漏洩する事がありません。個人情報の保護の目的にも利用される事が多いです。
このような圧着ハガキですが、広告郵便にも最適です。剥がさないと中身が見られない仕組みなので、相手は何が書いてあるのか気になることかと思います。宣伝にも最適です。そして情報量は増えますが、料金は通常のハガキと変わりありません。広告郵便は大量に必要な時もあるので、1枚の単価が安い方が良いです。最近圧着ハガキの広告郵便が増えているのは、こういった理由があります。
便利な圧着ハガキですが、自分で作るとニスが剥がれてしまうかもしれません。ニスの範囲が広すぎると、剥がす時も大変です。必要時は専門業者に依頼して、必要な枚数だけ注文しましょう。圧着二つ折・圧着Z折・圧着往復等、バリエーション増えています。詳しい違いは専門業者に確認してみましょう。貴方の希望に沿ったデザインのものがきっと見つかると思います。

圧着ハガキは広告郵便におすすめ

広告郵便を出すときにおすすめの方法があります。通常のハガキは、表面に宛名、裏面に内容が書かれています。そのため、ダイレクトメールとして使用すると内容が第三者の目に触れることがあります。もし、内容が見られたくない場合は、封筒を用意して中に入れて閉じる必要があります。しかし、郵便代が高くなったり封筒に入れる手間も経費も多くかかってしまいます。このような悩みを解消できるのが、圧着ハガキです。
圧着ハガキは、接着する面にニスを塗って貼りつけています。接着できるので用紙は折り曲げて使用することができます。その分たくさんの情報を印刷するスペースを確保することが可能になります。圧着ハガキは、通常ハガキと同じ料金や条件が整えば広告郵便として割引を受けることができます。そのうえ、本人が開けるまで内容が他人に漏洩する心配はありません。本人のみが開封できるように、一度開けたら再び貼り付けられなくなっています。
圧着ハガキは、利用に関してのメリットが多いので多くの企業でダイレクトメールとして採用されています。圧着ハガキは、専門業者に依頼すると簡単に作成することができます。広告郵便として商品を広告したい時や大量に発送する時におすすめです。

圧着ハガキを選ぶのがおすすめです

個人事業者など、小規模なビジネスをおこなうにあたって「宣伝活動」は必須と言っても過言ではないかと思います。そんなとき、通常の折り込みチラシやポスターなどの広告媒体以外にも、「圧着ハガキ」というものがあるのをご存知でしょうか?DMや役所などからの通知でお馴染み、内容確認の為には一枚ぺラリと捲らなくてはならない仕組みになっているハガキの事です。この圧着ハガキ、普通のハガキと同じ値段で倍程度の情報記載が出来るという、コストパフォーマンスに圧倒的に優れているという特徴を兼ね備えています。数を多く出さなくては意味を成さない広告郵便にとって、これは非常に大切な条件になってきます。また表面に詳細情報が記載されていないので、個人情報などの情報を保護するのに高い効果を発揮してくれます。いたずらなどの影響を受けずに、正しい内容の広告をお客様にお届けできるのも嬉しいポイントではないでしょうか。「ぺラリと一枚捲る」という動作自体にもメリットがあります。袋とじなどでおなじみですが、人間は「閉じられている」と、内容を確認したくなってしまうものです。広告郵便にとって「内容をみて貰えない」というのが一番辛いものですから、このメリットも非常に大きなポイントになってくるのではないでしょうか。様々な嬉しいポイントを持っている圧着ハガキを広告郵便に利用しようかと検討をされたい場合には、専門業者に依頼してみてください。


業界最速さらに低価格!48年間培った技術やノウハウによってお客様が安心して依頼できるように高品質・短納期を約束しております!圧着ハガキなら『ユニオン印刷』!まずはホームページをチャックしてみてください!

PICK UP

NEW POSTS