広告郵便に圧着ハガキが利用される理由とは?広告代わりにもなる?

サイトマップ

小さな郵便ポスト

情報を沢山載せることのできる着ハガキが便利

広告郵便にはいくつかの種類がありますが、経費が安い物と言えば、ハガキによる広告郵便ではないでしょうか。封書による郵便は沢山情報が封入できますが、経費の面ではハガキに比べて高くなります。しかしハガキは、印刷できる面が限られているため、沢山情報を載せるのが難しいです。しかし近年では、圧着ハガキによる広告郵便が登場しています。圧着ハガキは見た目は一枚のハガキですが、シール状に閉じられた所を本の様に開き、その部分に情報を載せられるハガキです。他にも二か所から開ける型の圧着ハガキも有ります。郵便料金は、変わらずに情報量は普通のハガキより増えるので、より届けたい情報を顧客に届けることが出来ます。また厳選した情報を沢山載せればより、顧客一人一人にあった情報を載せられます。また圧着ハガキの方が、手軽に手に取れるので顧客が、情報を見てくれる可能性が高まります。圧着ハガキの印刷は、デザイン、印刷、宛名の印字を、郵送まですべて一括で行ってくれる専門業者に依頼しましょう。どのようなデザインにするか細かに決められて、WEB上で手続きが完了する専門業者もあります。また見積もりは無料ですので、気軽に相談してみましょう。

PICK UP

NEW POSTS